筋トレは骨粗しょう症の予防にも効果的!中高年からの重要性

骨粗しょう症,筋トレ

閉経した女性に多いと言われている骨粗しょう症とは、骨がもろくなると理解している人が多いでしょう。
なぜ、骨がもろくなるのでしょうか。

 

骨は新陳代謝しており、3年経つと全ての細胞が新しくなります。
骨の新陳代謝のメカニズムは、まずは破骨細胞が酸と酵素の力で古くなった骨を溶かします。
そして、カルシウムが血液中に出て体内で使われます。

 

このままでは骨がどんどん減ってしまいますが、ここで登場するのが骨芽細胞です。
骨芽細胞とは新しい骨を作る細胞のことです。
骨が溶けた場所にカルシウムをくっつけて骨を修復していきます。

 

こうして、骨は溶けたり、修復したりを繰り返していますが、40歳を過ぎると骨を合成するよりも分解が優位になってしまいます。
どんどん骨を修復するよりも分解するスピードが速くなっていくことで、骨粗しょう症になってしまうのです。

 

男性も加齢とともに気にする必要がありますが、女性は女性ホルモンによって破骨細胞の働きを抑制してバランスをとっています。
しかし、加齢とともに女性ホルモンが減少するので骨の分解が優位になってしまいます。
男女ともにバランスが悪くなっていきますが、特に女性のほうがもともと骨量も少ないので気を付けなくてはなりません。

 

骨粗しょう症,筋トレ

骨粗しょう症予防には運動が効果的

骨をいつまでも丈夫な状態にしたいと思ったら、筋トレしましょう。
筋トレは筋肉を付けられるだけではなく、骨も強くしてくれるのです。

 

骨の材料は、カルシウムが有名ですが、他にもマグネシウムなどのミネラルも必要です。
そして、筋トレによって分泌される成長ホルモンが大事です。

 

成長ホルモンは、筋肉の合成を促すだけではなく、骨の合成を促す働きもあるので、骨粗しょう症予防にとても効果的です。
ウォーキングももちろん効果的ですが、主に下半身の骨を刺激するので、上半身の骨を刺激したいと思ったら、ウエイトトレーニングもプラスしましょう。
ただし、無理は禁物です。

 

自分でできる範囲のウエイトトレーニングをやってみてください。
徐々に負荷を増やしていき、骨に刺激を与えるためにの負荷をかけていきましょう。

 

食事内容にも気を付けながら、自分でできる範囲で筋トレをやってみてください。
そうすれば、骨の合成が活発になるので、骨が徐々に丈夫になっていくことも期待できます。

 

すでに、骨が弱くなっている人も骨の合成を促すことで、骨が強くなるのであきらめずにやってみてください。
医者に通院している人は、医者と相談してください。

 

年を取っても生活内容によって骨粗しょう症のリスクを回避できます。


50代からのパーソナルトレーニング

【返金保証制度有】
もし、2ヶ月でご自分の体型に満足できなければ、
1円も要りません!
他のパーソナルトレーニングジムと料金を比べてください。

無料カウンセリング実施中!

24/7ワークアウト