ロコモティブシンドロームは筋トレで予防!中高年からの筋トレ

ロコモティブシンドローム,筋トレ

ロコモティブシンドロームとは、運動器症候群と呼ばれており、略してロコモと言われることもあります。

 

運動不足は、体に大きな影響を与えてしまいます。
近年では、人の寿命はのびつつあるものの、健康寿命と呼ばれるように自分一人で生活ができる年齢というのは下がりつつあります。

 

これは、運動不足による筋肉の衰えによって歩いたり立ち上がるにも不自由をするようになり、状態が悪化すれば早い年齢で介護が必要になってしまったり、若い人でも寝たきりの状態にもなってしまいます。

 

骨や筋肉、関節や神経といった身体運動には欠かせないこれらの要素を運動器と呼ばれており、どれか一つでも運動器の働きが衰えることによって不健康な状態になってしまいます。
いつまでも健康で自立した生活を送るためには、運動器の定期的なメンテナンスを行いながら動かす必要がるのです。

 

ロコモティブシンドロームは、年齢とともに衰えを感じ始めるようになる40代からの予防が重要です。

 

50代になると、誰でも目に見えて急激に体の衰えを感じ始めるようになり、歳をとってからでは誰でも運動を始めるというのは難しくなるので、40代のまだ若いうちからの運動は高齢になった時を考えると非常に大切なこととなります。

 

ロコモティブシンドローム予防には筋トレしか無い!

ロコモティブシンドローム予防として重要なのは、食事と運動にあります。

 

好き嫌いをせずにバランスのとれた食事をすることは、結果的に栄養バランスも良く骨や筋肉を作る栄養を摂取できることになります。

 

運動の面では、最初から激しい運動をする必要はありません。

 

無理をすれば続かない原因ともなり、少しの運動から徐々にステップアップをしていくようにします。

 

若い頃にやっていたスポーツややってみたかったスポーツなど、興味のある分野であれば続けやすくもなります。
また、ウォーキングだけでも足腰の運動として大いに役立ち、腕を振るようにして歩いてみれば全身運動にもつながります。

 

すでに腰や膝など体にダメージを織っている人にとっては、歩くことすら症状を悪化させることもあります。
そんな人には、筋トレが向いています。

 

ジムにあるマシンは座ったままでも行うことができ、部分的に的を絞って鍛えることができます。

 

自宅でいつでも手軽に行なうことができますが、一人では続かなそうというのであればスポーツクラブに通ってみるといいでしょう。専属のインストラクターがいるので、自分の悩みに合わせたプログラムを作ってもらうこともできます。

 

日頃から体を動かすことの重要性は、若い頃では気が付かないものですが、要介護になってからでは運動すらできなくなってしまいます。
体の衰えを感じたら、早めに始めてみるといいでしょう。


50代からのパーソナルトレーニング

【返金保証制度有】
もし、2ヶ月でご自分の体型に満足できなければ、
1円も要りません!
他のパーソナルトレーニングジムと料金を比べてください。

無料カウンセリング実施中!

24/7ワークアウト